東京五輪

森会長「小池都知事しっかりやってもらいたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
森喜朗会長=代表撮影
森喜朗会長=代表撮影

リオ到着後の取材に

 【リオデジャネイロ藤野智成】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は1日、元防衛相の小池百合子氏(64)が東京都知事選で初当選したことを受け「都の最大の課題は五輪をどうやるか。都が招致し、国際公約もある。しっかりやってもらいたい」と要望した。五輪開幕を5日に控えたリオデジャネイロ到着後に取材に応じた。

 大会開催費が招致段階の7340億円から2兆円にも上がる見通しとなっており、組織委は東京都と費用分担についての協議を開始している。森会長は「役割分担や費用負担も含め、立候補ファイル全体を一度よく見てもらうことを期待したい」と、招致段階の計画に無理があることへの認識の共有を求めた。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文630文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集