メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

クラフトビールのすすめ 「とりあえず」では物足りないあなたへ

甘い香り好き、小国記者向け。左から写真1、同2、同3

 「とりあえずビール」が飲み屋での合言葉だったあの日も今は昔。ハイボールや酎ハイなどに押され、ビール離れが叫ばれて久しい。ところがそんな中、小規模醸造所がつくるこだわりの「クラフトビール」がなぜか元気だという。いよいよ夏本番。ジョッキを傾けながら、その人気の理由を探った。【小国綾子】

 色とりどりのラベルが目に楽しい6本のビール瓶の栓を、次々に開けていく。炭酸がはじけ、ホップの香りが鼻をくすぐる。栓抜きを持つ手に力が入る。よし、飲むぞ!

 ここは東京都千代田区の秋葉原駅近くの「マーチエキュート神田万世橋」。赤レンガ高架橋をながめながらクラフトビールを楽しめるイベントが、9月16日まで開かれている。ビールに詳しい日本ビアジャーナリスト協会の副代表、野田幾子さんに同行をお願いし、記者2人の好みを伝え、国内外の約100種類のクラフトビールから、日本の醸造所限定で、お薦めを3本ずつ選んでもらったのだ。

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです