連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

生駒山宇宙科学館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪に転勤となり、30年ぶりに奈良県生駒市の実家に戻ってきた。見慣れていた生駒山(642メートル)だが、山頂から「あるもの」が消えたのに気づいた。

 「生駒山宇宙科学館」。高さおよそ25メートル、長径60メートルの楕円(だえん)形のコンクリート打ちっ放し建築は、まるで巨大なUFOだった。開館翌年の大阪万博(1970年)を先取りしたような近未来的、SF的形姿が、今となっては妙に懐かしい。プラネ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集