メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育

加賀市、国のモデル地域に 今年度 /石川

 コンピューターを使って論理的思考力を育む「プログラミング教育」が2020年度から小学校で必修化されるのを前に、加賀市が今年度、国のモデル地域に北陸で唯一選ばれ、先駆的に取り組むことになった。宮元陸市長らが1日、モデル事業を発表。小学4〜6年生と小中学校の教諭らを対象に、講座と指導者研修会を計7回開く。パソコン画面上でキャラクターや図形を指示通りに動かすゲーム作りなどを学ぶ。

 市などによると、プログラミング教育はコンピューターに意図した通りに処理するよう指示する体験を通じて、どんな動きや記号の組み合わせが必要かを考える。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです