メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

寺守った木の下、被爆語る 安楽寺の前住職・登世岡浩治さん 次代に平和芽吹くように /広島

被爆の翌年に芽を出した大イチョウの説明をする登世岡さん=広島市東区で、芝村侑美撮影

 広島で被爆し、弟を失った安楽寺(東区)の前住職、登世岡浩治さん(86)は、今も原爆資料館に入れない。原爆被害を伝える数々の展示品を見ると、当時を思い出してつらい思いをするからだ。それでも、子どもたちに「戦争のむごさを知ってほしい」と、寺で被爆体験を語る。未来を担う世代に、平和の大切さを考えてもらうために。【芝村侑美】

 安楽寺の境内には、被爆樹木の大イチョウがある。樹齢約350年。高さ20メートルに及ぶ。「小さい頃は…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです