メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

寺守った木の下、被爆語る 安楽寺の前住職・登世岡浩治さん 次代に平和芽吹くように /広島

被爆の翌年に芽を出した大イチョウの説明をする登世岡さん=広島市東区で、芝村侑美撮影

 広島で被爆し、弟を失った安楽寺(東区)の前住職、登世岡浩治さん(86)は、今も原爆資料館に入れない。原爆被害を伝える数々の展示品を見ると、当時を思い出してつらい思いをするからだ。それでも、子どもたちに「戦争のむごさを知ってほしい」と、寺で被爆体験を語る。未来を担う世代に、平和の大切さを考えてもらうために。【芝村侑美】

 安楽寺の境内には、被爆樹木の大イチョウがある。樹齢約350年。高さ20メートルに及ぶ。「小さい頃は…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文776文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです