メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/16 「県境越え、情報共有する意義大きい」 市区町村会に297自治体参加 /香川

先進事例のデータ化について説明する根岸さん=京都市内で、玉木達也撮影

 「自殺のない社会づくり市区町村会」の総会が先月29日、東京都千代田区の参議院議員会館で開かれた。今年4月から施行された改正自殺対策基本法について、NPO法人「ライフリンク」(東京)代表、清水康之さんや「自殺総合対策推進センター」(同)センター長、本橋豊さんらが説明した。

 この市区町村会は、正式には「いのちささえる真心あふれる社会づくり市区町村連絡協議会−自殺のない社会を目指して−」という。名称の長さに深い思いが込められている。

 2011年7月、設立。その趣旨には「住民の皆さんに一番身近に寄り添い、住民福祉の向上への信託を受ける我々基礎的自治体として、自殺の問題を(中略)社会全体の問題として改めて明確に捉え」ることを明記。自殺のない社会を目指し、「多様な取り組みを強力に実施・推進していくことがとても重要で欠かせません」としている。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです