メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党代表選

細野氏、出馬に慎重 保守系一本化が焦点

民進党の主なグループと代表選の構図

 9月の民進党代表選で、立候補が取りざたされた細野豪志元環境相は2日、立候補に慎重姿勢を示した。これが前原誠司元外相、長島昭久元副防衛相との保守系3氏の一本化につながるかが焦点だ。ただ、一本化は岡田克也代表の出馬を前提にしていただけに、保守系グループの関係も流動化する様相をみせている。【影山哲也、松本晃】

 細野氏は2日昼、国会内でグループ会合を開き、14人が出席。細野氏はその後、グループから出馬を促す声があったことを記者団に明らかにしたうえで、「私自身だけにこだわるのでなく、他の選択肢も真剣に考えたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです