鹿児島・川内原発

緊急時対策所、九電に再説明要求 規制委

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会は2日の審査会合で、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の重大事故時の対応拠点「緊急時対策所」の計画変更について議論した。規制委は「新たに計画している耐震施設と、当初建設予定だった免震重要棟と比較した説明ができていない」と指摘し、九電に改めて説明するよう求めた。

 九電の説明は、現在運用中で再稼働前から将来廃止する予定だった耐震構造の「代替緊急時対策所」との比較が中心だった。免震重要棟との比較は簡易なもので、規制委の更田(ふけた)豊志委員長代理は「期待していた説明と趣旨が違う」と不快感を示した。九電の担当者は「今度、きちんと整理する」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集