メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北朝鮮

弾道ミサイル2発を発射 「ノドン」か

秋田・男鹿半島の西250キロ EEZに初の落下

 【村尾哲、ソウル米村耕一】韓国軍や米戦略軍によると、北朝鮮は3日午前7時50分ごろ、黄海に面した西部・黄海南道(ファンヘナムド)殷栗(ウンユル)付近から日本海に向け、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられる2発を発射した。防衛省によると、うち1発が約1000キロ飛行し、秋田県・男鹿半島の西約250キロの排他的経済水域(EEZ)に落下。船舶や航空機の被害は確認されていない。北朝鮮のミサイルの弾頭部分が日本のEEZに落下したのは初めて。もう1発は発射直後に爆発したとみられる。

 中谷元(げん)防衛相は3日午前、防衛省で記者団に、「我が国の安全保障上の重大な脅威であり強く懸念す…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1141文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです