北朝鮮

弾道ミサイル2発を発射 「ノドン」か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

秋田・男鹿半島の西250キロ EEZに初の落下

 【村尾哲、ソウル米村耕一】韓国軍や米戦略軍によると、北朝鮮は3日午前7時50分ごろ、黄海に面した西部・黄海南道(ファンヘナムド)殷栗(ウンユル)付近から日本海に向け、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられる2発を発射した。防衛省によると、うち1発が約1000キロ飛行し、秋田県・男鹿半島の西約250キロの排他的経済水域(EEZ)に落下。船舶や航空機の被害は確認されていない。北朝鮮のミサイルの弾頭部分が日本のEEZに落下したのは初めて。もう1発は発射直後に爆発したとみられる。

 中谷元(げん)防衛相は3日午前、防衛省で記者団に、「我が国の安全保障上の重大な脅威であり強く懸念する。米国、韓国と緊密に連携しつつ、安全の確保に万全を期す」と述べた。ミサイルの種類については「飛距離からノドンの可能性がある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1141文字)

あわせて読みたい

注目の特集