メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

震災関連死で合同審査会 14市町村が希望

 熊本県は2日、県内市町村が熊本地震の震災関連死を認定する審査会について、益城(ましき)町や南阿蘇村など14市町村が合同審査会の設置を希望していることを明らかにした。8月末にも第1回の審査会を開催する方針。市町村からは職員不足などから単独ではなく、合同での審査会開催を求める声が上がっていた。

 他に合同審査会を希望しているのは、天草市▽菊池市▽宇土(うと)市▽宇城(うき)市▽阿蘇市▽美里(みさと)町▽菊陽町▽西原村▽御船(みふね)町▽嘉島町▽甲佐町▽山都(やまと)町−−の12市町村。既に審査会を開催している熊本、八代の2市と、合志(こうし)…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです