メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

407 ロケットの話/1 ロケットのはじまり

中国ちゅうごくそう時代じだい火箭かせん

 わたし小学生しょうがくせいころはね、まだ「ロケット」というものをらなかったんです。だから、中学ちゅうがくはいってもないときに、「ペンシル・ロケットというものがんだ」というニュースをいて、「へーっ、なんだろう?」とおもいました。ちちあにから「ロケットというのは、燃料ねんりょうやしてできたガスをおしりほうからきながらんでいくものだよ」と説明せつめいされても、なんだかピンとこなかったのをおぼえています。

     それがいまでは、小学生しょうがくせいになるまえどもだって、「宇宙うちゅうくのはどうやってく?」と質問しつもんしたら、みんな「ロケット!」ってこたえますね。それぐらい「ロケット」というものは、宇宙うちゅうものとして有名ゆうめいになりました。さて、それでは、ロケットって、どこで発明はつめいされ、いつごろから使つかっていたのでしょうか?

    起源きげんは「中国ちゅうごく

     ロケットを最初さいしょ使つかったのは、そうという時代じだい中国人ちゅうごくじんだとわれています。しかも、残念ざんねんながら戦争せんそう道具どうぐとして使つかわれはじめました。いまから1000ねんくらいまえのことです。かれらは「火箭かせん」とびました。いまでも、中国ちゅうごくではロケットのことを「火箭かせん」といます。最初さいしょ火箭かせんは、ゆみ先端近せんたんちかくに黒色火薬こくしょくかやくめたたけつつをくくりつけた簡単かんたんなつくりのものでした(みぎ)。火薬かやくをつけると、えて発生はっせいしたガスが高速こうそくでおしりからて、敵陣てきじんめがけてんでいくわけです。何十本なんじっぽんかまとめて発射はっしゃしたようです(ひだり)。

     13世紀せいき中国ちゅうごくったモンゴルぐんは、この火箭かせんでひどいい、これにこりて、その技術ぎじゅつまなびました。だから、やがて中国ちゅうごく征服せいふくして「げん」という史上最大しじょうさいだい帝国ていこくわれるくにつくったモンゴルの軍隊ぐんたいでは、この火箭かせん強力きょうりょく武器ぶきとして重用じゅうようされました。モンゴルが実行じっこうしたヨーロッパにまでまたがる大規模だいきぼ征服戦せいふくせん2)で使用しようされた火箭かせんは、だから13世紀せいきすえには、ヨーロッパにまでられるようになっていたのです。

     その火箭かせんが、今日こんにちのような宇宙うちゅうへのものになっていったのはなぜでしょうか。そのロケットの歴史物語れきしものがたり数回すうかいけてつづっていきましょう。(つづく)


     ★的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた“宇宙博士うちゅうはかせ”。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅ

     YACヤック顧問こもん、「KU−MAクーマ名誉会長めいよかいちょう、「はまぎんこども宇宙科学館うちゅうかがくかん館長かんちょうつとめる。


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだん(YOUNG ASTRONAUTS CLUB−JAPAN)

    宇宙好うちゅうずあつまれ!! http://www.yac-j.or.jp

    NPO法人ほうじん ども・宇宙うちゅう未来みらいかい(KU−MAクーマ

    宇宙教育うちゅうきょういくサポーターあつまれ!! http://www.ku-ma.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
    2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
    4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
    5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです