メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

家族亡くした後の心のケア 誰もがたどる四つの悲嘆

 夫や妻、子供、親、兄弟姉妹〓〓。家族が亡くなった後の喪失感は大きい。耐えきれず、うつ病になったり自殺したりする人もいる。そうした最悪の事態を防ぎ、悲しみを癒やすのがグリーフ(悲嘆)ケアだ。大切な人を失ったとき、本人、周囲はどう対処すればよいのか。(医療ライター・福島安紀)

我慢せずに感情は表に/家族らと思い出話して/「しっかり」「頑張って」禁句

 神奈川県に住むSさん(71)は、がんを患った75歳の夫を自宅でみとった。病院から帰って亡くなるまでの約1カ月間、献身的に介護をした。

 四十九日が過ぎ、在宅医療を支えた訪問看護師が様子を見に行ったところ、一人暮らしになったSさんはやつ…

この記事は有料記事です。

残り2075文字(全文2365文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです