メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ヒロシマとパールハーバー

戦後71年夏/下 サダコ、敵味方超え 「憎むべきは戦争そのもの」

被爆者・佐々木禎子さんを紹介した展示。ケースの中には、禎子さんの折り鶴が入っている

 真珠湾には黒い油が浮いている。75年前、日本軍が沈めた戦艦アリゾナから今も流れ出る油だ。「黒い涙」とも呼ばれる。対岸にあるビジターセンターは敷地内に記念碑や博物館が点在し、退役軍人がボランティアで来場者と交流する。その一人、ハーブ・ウェザーワックスさん(99)は奇襲された日、1941年12月7日(現地時間)を鮮明に覚えている。

 「大きな音が聞こえ、真珠湾の方向から黒い煙が広がってきた」。その日は休み。「戦争だ」とラジオが叫ぶ…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1165文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです