メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捜査の伝承

広域技能指導官/5止 第1機動隊訓練班班長・山元剛警部補(41) /神奈川

「若手は熱くいきいきしていて、元気をもらうことも多い」と破顔する山元警部補=横浜市神奈川区の県警第1機動隊庁舎で

心に届く救助活動を

 「時間がない……」。熊本地震の本震から2日余が経過した4月18日、熊本県南阿蘇村の山間部に立つ県警第1機動隊の山元剛警部補(41)は、焦っていた。

 大規模災害の被災地で人命救助や行方不明者の捜索を行うエキスパートとして、県警の広域緊急援助隊を率いて現地に入り、陣頭指揮に当たった。任されたのは、土石流にのみ込まれた山荘に宿泊していた夫婦の捜索。自衛隊員など数百人と土砂を掘り返したが見つからず、生存率が急激に低下するとされる「72時間の壁」が迫っていた。

 山荘があった場所は土砂に埋もれ、20メートル下方で屋根だけ見つかった。「本体はもっと下まで流されて…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです