れとろ探訪

森ノ宮駅前 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
7月24日の空襲で大きな被害を受けた森ノ宮駅前。右上は森之宮神社=1945年7月下旬撮影
7月24日の空襲で大きな被害を受けた森ノ宮駅前。右上は森之宮神社=1945年7月下旬撮影

 大阪市は何度も大規模な空襲に遭っている。1945年7月24日の空襲は此花区の工場と当時の東区(現在の中央区)にあった大阪陸軍造兵廠(しょう)を目的としていた。

 100機以上のB29は午前10時44分に来襲し、700トン以上の爆弾を投下した。此花区の工場は壊滅したが、造兵廠は致命的な打撃にはならなかったようだ。森ノ宮駅は造兵廠の南側にあった。狙いがはずれた爆弾が駅の周辺に着弾し…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集