メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

「絵本のまちおこし」に取り組む司書 杉本和子さん /和歌山

絵本の資料に囲まれた職場で奔走する杉本和子さん=和歌山県有田川町地域交流センターALECで、稲生陽撮影

読み聞かせの効果実感 杉本和子さん(47)

 JR紀勢線藤並駅の駅構内に色とりどりの絵本が並ぶ「ちいさな駅美術館」がある有田川町。「絵本のまちおこし」を目指すその取り組みは、絵本作家や出版社の間で知られた存在だ。きっかけは、かつて金屋町(現有田川町)の図書館で、司書として企画した絵本の読み聞かせ活動だった。「年々大きな動きになって、自分たちも驚いている。でも地域住民全体に浸透しないと教育効果は出ない。まだまだ先は長い」と話す。

 元々は教員志望。大学で中世文学を専攻し、卒業後に故郷の金屋町に戻った。小中学校の講師を転々とした後…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです