メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

巨大ブラックホールに挑む 国立天文台教授・本間希樹さん

「ブラックホール観測は非常に面白い取り組みだ」と意欲を燃やす本間希樹さん=東京都三鷹市の国立天文台で

本間希樹(ほんま・まれき)さん(44)

 来春に始まる国際プロジェクト「国際サブミリ波VLBI」で、研究チームの日本側責任者として参加し、銀河の中心部にあるとされる巨大ブラックホールの存在の確認に挑む。非常に強い重力をもち、光さえも引き込むためそれ自身は見えないが、電波望遠鏡を使えばその周囲のガスの観測から有無を確かめることが可能だ。成功すればノーベル賞と言われる。

 東京大大学院を修了した1999年は、国内4カ所の電波望遠鏡で天の川銀河の精密立体地図を作る「VER…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文829文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです