メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道新幹線

札幌延伸 札幌駅、在来線ホーム案軸に 4者協議でJR北が方針転換

北海道新幹線延伸時の札幌駅は、現在の在来線ホーム(中央部分)への乗り入れを中心に検討が進むことになった。下は小樽方面、上が旭川・千歳方面=7月25日、本社機「希望」から手塚耕一郎撮影

 2030年度末に札幌延伸を予定している北海道新幹線・札幌駅のホームの建設位置について、JR北海道は3日、これまで反対してきた在来線ホームに乗り入れる案を軸に検討する方針を明らかにした。札幌駅や周辺に折り返し設備などを増強すれば、在来線運行への影響を少なくできることが判明したためで、9月末までに最終決定する。

 JR北が、札幌市や北海道、鉄道建設・運輸施設整備支援機構との4者協議で示した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです