メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースその後

葛西「奇跡マグロ」の偉業に万感の飼育係

「奇跡のマグロ」が死んだ翌日の大水槽。新入りのクロマグロたちもすっかり大きくなった=東京都江戸川区の葛西臨海水族園で3日、中嶋真希撮影

 東京都江戸川区の葛西臨海水族園で2日、大量死から唯一生き残ったクロマグロが死んだ。「奇跡のマグロ」と呼ばれ、人気を集めた1匹だ。担当者は、この奇跡のマグロに「展示を継続させる橋渡しをしてくれた」と感謝する。1匹のマグロが成した偉業とは。【中嶋真希】

 クロマグロが悠々と泳ぐ大水槽は、同園の目玉だ。ところが2014年12月から15年1月にかけて、水槽の魚たちが相次いで大量に死んだ。約160匹いた魚たちは15年1月に3匹まで減り、3月には1匹になった。その生き残りが「奇跡のマグロ」だ。

 奇跡の1匹が死んだ翌日、同園を訪れた。水槽には昨年3月から今年6月にかけて投入されたクロマグロ98…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1269文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです