メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マチュピチュ

友好都市の福島・大玉村、再び「助っ人」に

ペルー国旗を持つ子どもたちに、手を振って応えるマチュピチュ村のダビー・ガヨソ村長(右)=福島県大玉村の村役場で2016年8月3日午後1時32分、土江洋範撮影

 「空中都市」として知られる世界遺産マチュピチュ遺跡のある、南米ペルーのマチュピチュ村のダビー・ガヨソ村長が3日、福島県大玉(おおたま)村を訪れた。100年前にペルーに渡った同村出身者が現地の社会インフラを発展させ村長も務めた縁から、昨年10月に友好都市協定を結んだ。大玉村は、観光客が出すごみ問題に悩むガヨソ村長をごみ処理施設に案内するなど、再び「助っ人役」を担おうとしている。

 大玉村は、福島県北部に位置する人口約8500人の農村。村出身の野内与吉(のうちよきち)氏(1895…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです