メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・課長補佐時代

外務省経済局長・山野内勘二(58)

山野内勘二氏

内政と外交の葛藤を体感

昭和から平成になった1989年夏、私は日米経済関係を所掌する北米局北米第2課に発令されました。

当時、日米経済関係は大変緊張していました。日本はバブルの時代でしたが、米国では景気が後退し失業が深刻化し、財政と貿易で双子の赤字を抱えていました。対日貿易赤字は米国の対外赤字の7割を占め、米議会には多数の対日制裁法案が提出。共和党のジョージ・ブッシュ大統領は、対日経済政策の切り札として構造問題協議とスーパー301条という二つのアプローチを取って来ました。

日本政府として日米関係は極めて重要です。が、同時に構造改革と国内産業の強化も喫緊の課題です。対米折衝…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文904文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです