メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

外務省経済局長・山野内勘二(58)

山野内勘二氏

内政と外交の葛藤を体感

昭和から平成になった1989年夏、私は日米経済関係を所掌する北米局北米第2課に発令されました。

当時、日米経済関係は大変緊張していました。日本はバブルの時代でしたが、米国では景気が後退し失業が深刻化し、財政と貿易で双子の赤字を抱えていました。対日貿易赤字は米国の対外赤字の7割を占め、米議会には多数の対日制裁法案が提出。共和党のジョージ・ブッシュ大統領は、対日経済政策の切り札として構造問題協議とスーパー301条という二つのアプローチを取って来ました。

日本政府として日米関係は極めて重要です。が、同時に構造改革と国内産業の強化も喫緊の課題です。対米折衝…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです