メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

みなし仮設、一部延長へ 要請受け県、対象は38世帯 /秋田

 東日本大震災の被災者が暮らす民間借り上げ住宅(みなし仮設住宅)と県営住宅について、県は一部の入居期限を1年間延長すると発表した。岩手、宮城、福島の3県からの要請に応じた。ただ、最大87世帯は家賃無償の入居期限が終わる可能性がある。

 仮設住宅の入居期限は2年とされ、県は3県の要請に応じて毎年、1年ずつの延長を繰り返してきた。今回、入居期限が一律延長となるのは岩手県5市町と宮城県3市町、福島…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです