メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/39 市中見回り 麻布 生きがいの「盛り場」 /東京

江戸の名所だった一本松。このあたりは1966年まで麻布一本松町が町名だった=港区元麻布で

 「盛り場も少く、大名や武家屋敷や寺院が多くて、(おもしろくもなんともない……)」

 火付盗賊改方同心、木村忠吾は市中見回りの担当区域が上野、浅草方面から麻布方面に替わり、くさりきっていた。見回りの途中、酒肴(しゅこう)のうまい店を見つけ、岡場所(遊里)で女性と懇ろになることが忠吾の生きがいなのに、麻布にはまったく楽しみがない。

 時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)第21巻第3話「麻布一本松」は、遊び好きの忠吾の目線で江戸時代の麻布が描かれている。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです