メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 出光創業家、なぜ昭和シェル株取得?=回答・岡大介

昭和シェルをめぐる動き

合併ハードル上げる 経営陣へ反対意思

 なるほドリーマン君 石油元売り大手2位の出光興産の創業家(そうぎょうけ)が、5位の昭和シェル石油の株式を取得したね。

 記者 創業家代理人の浜田卓二郎弁護士らが3日の記者会見で、創業者長男の出光昭介名誉会長が約0・1%に相当する40万株を取得したことを明らかにしました。4億円近い私費を投じたとみられます。

 Q なぜ、創業家が昭和シェル株を買うの?

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです