メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

震度7 迅速に観測できず

震度7の揺れに見舞われた熊本県益城町では多くの住宅が倒壊した=同町で4月19日

 わずか28時間で2度、震度7の揺れが襲った4月の熊本地震。しかし、本震の震度7は直後には判明しなかった。停電で震度計データの通信が途絶えたのが原因だった。震度7は、被害の甚大な地域をいち早く特定し、救助などの態勢を取るための重要情報だけに、早急な対策が必要だ。

 「すぐには(震度7が)分からなかった。問題だと思う」。6月末、東京都内で講演した平田直・東京大地震研究所教授(地震学)は、マグニチュード(M)7・3だった熊本地震の本震で震度7をすぐに観測できなかったことに苦言を呈した。

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1340文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです