特集

福島第1原発事故

毎日新聞デジタルの「福島第1原発事故」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

東日本大震災

福島第1原発事故 不明者賠償、東電拒否 双葉病院の認知症女性 東京地裁10日判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発に近い双葉病院(福島県大熊町)に入院中に原発事故に遭い、行方不明になった認知症の女性の親族から損害賠償を請求された東電が、東京地裁の裁判で賠償責任を否定して争っている。患者が死亡したケースでは大筋で責任を認めているが、女性については「事故と行方不明の因果関係は認められない」と主張。今も女性が見つからないことに胸を痛める親族は「事故がなければ行方不明にならなかった」と訴える。判決は10日。【伊藤直孝】

 訴状などによると、行方不明になっているのは福島県小高町(現南相馬市)出身で事故当時88歳だった女性。認知症と診断され2006年に双葉病院に入院した。11年3月11日の事故後、入院患者は16日までに避難、救助されたが、女性の姿はなかった。4月に一時立ち入りができるようになり、院内で4人が死亡しているのが確認されたが、女性は見つからなかった。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1123文字)

あわせて読みたい

注目の特集