緑色LED

マコガレイの稚魚、白熱灯より早く大きく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 緑色の発光ダイオード(LED)の光を当てたマコガレイの稚魚は、白熱灯の光より早く大きく育つことを、北里大と神奈川県水産技術センター(同県三浦市)が実証した。「幻の高級魚」と呼ばれるマツカワやヒラメなど、カレイの仲間の魚では同様の効果があるといい、安く簡単に養殖効率を上げる方法として注目されそうだ。

 同センターで稚魚を4週間育てたところ、緑色LED光を当てた稚魚は通常の白熱灯で育てた稚魚に比べ、全長で1.2倍、体重で1.4倍大きく育った。緑色の光を浴びた水槽の中で稚魚が活発…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

あわせて読みたい

ニュース特集