ゼニガタアザラシ

北海道外に初譲渡…捕獲の4頭、高松へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
輸送のため木製のおりに入れられたゼニガタアザラシ=北海道小樽市のおたる水族館で2016年8月4日午前、三股智子撮影
輸送のため木製のおりに入れられたゼニガタアザラシ=北海道小樽市のおたる水族館で2016年8月4日午前、三股智子撮影

 北海道えりも町の襟裳岬近海で捕獲されたゼニガタアザラシ4頭が4日、高松市の新屋島水族館に譲渡された。捕獲は環境省による保護管理計画に基づくもので、譲渡は登別マリンパークニクス(北海道登別市)に続き2例目。道外へは初めて。

 ゼニガタアザラシは国内では北海道近海だけに生息し、環境省レッドリストでは準絶滅危惧に分類されている。しかし近年、生息数が増加し、襟裳岬近海では漁業被害が深刻化。このため環境省は、今後3年間で個体数を現…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集