メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紫式部文学賞

平田俊子さんの詩集「戯れ言の自由」に決定

平田俊子さん

 京都府宇治市は4日、女性の文学作品が対象の「第26回紫式部文学賞」に平田俊子さん(61)の詩集「戯(ざ)れ言(ごと)の自由」(思潮社)を選んだと発表した。言葉遊びを駆使して現代社会の諸相や人生の哀歓などを自在に描いた点が評価された。11月20日の贈呈式で紫式部をイメージしたブロンズ像と200万円が贈られる。

     平田さんは「ささやかな詩集にまばゆい光を当てていただき、大変驚いています」とのコメントを寄せた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
    2. 岩倉こ線橋 さようなら 田んぼの真ん中にポツン、なぜ? 来月にも撤去 交差点に /愛知
    3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
    4. 科学コンテスト 世界最大の高校生コン 彦根東が数学部門で1等 /滋賀
    5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]