メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東電旧経営陣3被告に無罪 福島第1原発事故
みちのく建物探訪

岩手県一関市 旧東北砕石工場 賢治の情熱に触れて /宮城

JR大船渡線の線路沿いにある旧東北砕石工場。大小異なる三角屋根の建物がいくつも重なる

 東北自動車道を一関インターチェンジで降りて、北東方面に20分ほど走らせると、岩手県一関市東山町にたどり着いた。東山は、ミネラルなどを多く含む良質の石灰岩が取れることで知られている。見渡すと、岩肌がむき出しの山々が目に入った。セメント工場などが集まり、煙突から白い煙が漂う。

 その中に、東山の主要産業である石灰の生産の歴史を振り返る建物がある。1996年に国の登録有形文化財に指定された「旧東北砕石工場」だ。

 肥料として使われる炭酸石灰や消石灰などを作る工場として、地元の実業家、鈴木東蔵氏(1891〜196…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです