リオ五輪

日本選手団、整然と入場行進「歩きスマホ」なく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
旗手の右代啓祐(手前)を先頭に入場行進する日本選手団=リオデジャネイロのマラカナン競技場で2016年8月5日午後9時57分、梅村直承撮影
旗手の右代啓祐(手前)を先頭に入場行進する日本選手団=リオデジャネイロのマラカナン競技場で2016年8月5日午後9時57分、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ芳賀竜也】南米大陸にオリンピアの炎が初めてもたらされた。5日(日本時間6日午前)に開幕したリオデジャネイロ五輪。世界最大の熱帯雨林アマゾンを抱えるブラジルは、地球温暖化の進行を食い止めるという環境へのメッセージを開会式で発信した。選手たちは樹木の種を小さな鉢に植え、サンバの舞にも乗って未来に希望を託した。

 南半球のブラジルは現在、冬。この日のリオは午後5時半過ぎに日没を迎えた。「サッカーの聖地」として有名なマラカナン競技場は闇に沈む。午後8時、スタジアムの縁が花火で彩られ、華々しく開会式が始まった。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1005文字)

あわせて読みたい

注目の特集