メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
リオ五輪

最終聖火ランナーは銅メダリストのデリマさん

 悲運のヒーローとしてブラジルで人気を誇るアテネ五輪男子マラソン銅メダリストのデリマさんが南米初の五輪で大役に恵まれた。

 デリマさんはアテネ五輪で先頭を疾走中にコースへ乱入した観客に妨害された。それでも力走して3位に入った。帰国後は「デリマに金メダルを」と声援が大きくなった。引退後も人気は続き、首都ブラジリアで始まった5月の聖火リレー初日にも登場。6月、地元メディアが行った最終聖火ランナー候補の人気投票でも3位に入った。

 最有力視されていた「サッカーの王様」と称される元ブラジル代表のペレ氏が健康上の理由で断念したと、ブラジル紙グロボが報じていた。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです