メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

話し言葉が滑らかに出ない…周囲の無理解も症状を悪化させます

[PR]

藤原さくらさんや福山雅治さんが出演していた月9ドラマ「ラヴソング」で話題になった吃音症。 ヒロインが吃音症という設定だったのですが、歌は上手に歌えていましたよね。 吃音症とはどのようなものなのでしょうか? 2010年の英映画「英国王のスピーチ」でも描かれていました。 吃音とは話し言葉が滑らかに出ない発話障害のことです。 主な症状は三つあります。
語句の一部を繰り返す(連発) 語句を引き延ばす(伸発) 最初の語句が出ない(難発、ブロック) この三つです。 複雑な会話を始める2~5歳ごろに発症する場合が多く、男女比は4:1くらいです。 三つの症状の中では、難発が一番つらいと言われています。 成長につれ、からかわれたりしかられたりして恥ずかしいという意識が芽生え、言い換えたり話さなかったりして症状を隠すようになるのです。
成人の100人に1人程度に症状があると考えられています。 詳しい原因はまだ分かっていませんが、7割が遺伝子要因と言われていて、脳の神経経路に原因があるそうです。 例えば右利きの吃音者の場合、発話中に右半球が過剰に働いているようです。 また私たちは通常、話しながら自分の声を聞き調整しています。 しかし、吃音の人は自分の声をうまく聞き取れていない状態なのです。 そのため騒音の中や、時間的に少し遅らせて自分の声を聞くと滑らかに話せるようになります。 そのようなアプリも開発されています。
世界保健機関(WHO)は吃音を「小児期および青年期に通常発生する行動および情緒の障害」に分類しています。 自治体から障害認定を受け、手帳を得る場合、精神障害での申請・交付が一般的です。 悪化させないために、子どもの吃音への対処は以下の注意が必要です。 ・吃音の症状をしからない ・話し方よりも話す内容に注目する ・吃音意外に目を向け自信を持たせる ・からかわれていないかなどオープンに話し合う また障害への理解を広げるため「吃音症カード」があインターネットで配布されています。 吃音も個性の一つと考えて付き合いましょう。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです