メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ポケモンGO祭りの巻

世界中で大人気 DLした後の遊び方&注意点を紹介します

[PR]

話題の「ポケモンGO」とはどんなゲームなのでしょうか? 全地球測位システム(GPS)での位置情報を使い、現実の世界で歩き回ってポケモンを捕まえるスマホ向けのアプリです。 アプリは無料で、一部のアイテムは有料です。 カメラで映した実際の風景の中にCGのポケモンが合成されて現れるのが特徴です。 コンピューターによる情報を現実の世界に付け加える拡張現実(AR)を使っています。
遊び方を紹介しましょう。 ゲームを開始すると、ユーザーが実際にいる場所の地図が表示されます。 ポケモンを発見したら、すかさずタップしましょう。 それから「モンスターボール」を当ててポケモンをゲットします。 ちなみに「CP」が高いほど強いポケモンです。 モンスターボールがなくなったら「ポケストップ」へ行きましょう。 近づくと表示が変化するので、タップしてアイテムを手に入れましょう。
それからポケストップで「ルアーモジュール」をセットすると、30分間ポケモンが集まってきます。 また、「ジム」へ行けば他のプレーヤーと対戦もできます。 ジムで戦うにはレベル5以上になる必要があります。 6匹同士で対戦し、攻撃はタップしたり長押ししたり左右にスライドさせたりします。 しかし、ポケモンGOを巡って問題も起きています。 広島平和記念公園の中にもジムやポケストップが設置されたり、 原発内など危険な敷地にもポケモンが表示されたりしたため問題になりました。 開発会社は削除要請があれば応じるそうです。
また、ゲームに没頭し過ぎて交通事故に遭ったり、スマホで撮影されたと勘違いして暴行したりする事件も起きています。 「ポケモントレーナー」なら、次のようなことに注意して遊びましょう。 ・偽アプリに注意! ・歩きスマホはダメ! ・会おうという人を警戒 ・危険な場所に入らない

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 訃報 高木守道さん 78歳=元プロ野球中日二塁手

  3. 「桜」名簿管理巡り内閣府幹部6人を厳重注意処分 公文書管理法違反

  4. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです