メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森の精霊

父と再会 NPO代表・永瀬さん確認、ベトナムの少数民族と判明 /神奈川

 カンボジアの密林で十数年間も暮らし、2007年に見つかったとされる女性が、父親として名乗りを上げたベトナム人の男性(70)と面会し、実の親子と分かった。女性の支援のために7月31日に現地入りしたNPO「インドシナ難民の明日を考える会」代表で県立相原高校教諭の永瀬一哉さん(60)が、女性やカンボジアの養父らに会い確認した。【高橋和夫】

 女性はカンボジア・ラタナキリ州のジャングル近くにある農家で食べ物を盗もうとしたところを見つかった。密林で全裸のまま暮らし、サルのように前かがみの姿勢になっていたことから、国際的なニュースとして「ジャングル少女」「森の精霊」と大きな話題となった。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです