メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

広川弘禅 「政界三僧」のひとり 吉田内閣で農相 /徳島

 広川弘禅(ひろかわこうぜん)(1902〜67年)政治家、福島県出身、本名弘。

 曹洞宗の寺に生まれ、政治家となったが、生涯僧籍にあった。石橋湛山(たんざん)、安藤正純と共に「政界三僧」と称された。湛山は身延山久遠寺の元管長の長男として生まれた。ジャーナリストとして活躍。56年に首相となったが病気で倒れ、2カ月の短命内閣に終わった。

 弘禅は政治家、人間として取り上げられることも少ないが、振幅の激しい人物だった。現在の自民党では見られなくなった党人派の政治家だった。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  2. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  3. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  4. J1川崎7連勝 果敢に攻める小林、高打点ヘディングシュート決める「もっと点を」

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです