安倍首相

「自民草案で行わず」 改憲国民投票巡り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は6日、広島市での平和記念式典出席後に記者会見し、自民党が野党時代にまとめた憲法改正草案について「そのまま案として国民投票に付されることは全く考えていない」と述べ、他党との協議で改憲項目が絞り込まれるとの認識を示した。首相は「まず(衆参両院の)憲法審査会という静かな環境で真剣に議論する中で、どの条文をどう改正するかが収れんしていく…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集