メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

子どもを増やす方策=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

共同繁殖の制度設計を

 前回、少子化の問題を取り上げた。2人のおとなが一緒になって子どもを作るのであるから、夫婦が最低2人の子どもを残さなければ、人口は減少に向かう。少子化だけでなく、合計特殊出生率(1人の女性が一生の間に産む子の数)が2人を切ったというので、「問題」なのだ。

 さて、何が問題なのか? 社会全体のレベルと個人レベルと、2通りの異なる問題がある。社会全体としては、将来人口が減少すれば税収が減り、労働力人口が減り、年金を払う人が足りなくなるなど、社会システムが大きな変革を迫られる。つまり、今のシステムをこれまで通りのやり方で続けていくことはできなくなる。だから問題なのだ。

 個人レベルではどうか? 子どもが欲しいと思っているにもかかわらず、持てないという人々がいる。そうい…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです