メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音声電子図書

障害もつ子供に

デイジーを熱心にみる障害をもった子供たち=東京都墨田区の「りま」で

 4月の障害者差別解消法施行で、図書館などの施設で障害者への合理的配慮が義務づけられた。伊藤忠記念財団は障害をもった子供たちが読書を楽しめるよう、音声で読み上げる電子図書を国際規格「マルチメディアDAISY(デイジー)」で制作。各地の図書館と共同して普及に取り組んでいる。

 東京都墨田区の障害児デイサービス施設「キッズサポートりま」を、区立ひきふね図書館の職員らが訪れ、デイジー図書を使った読書会があった。天井に画面を映し出したあと、タブレット端末を活用。最初にボタンを押せばページは自動進行するため、紙の本をめくれなくても、読書ができる。

 参加した7人の子供たちは、部屋のあちこちで食い入るように端末を見つめた。進行性の筋ジストロフィーで…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです