メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 渡辺四段、粘り強い受け将棋 棋士4年での初参加

渡辺大夢四段

 <C級2組 牧野光則五段VS渡辺大夢四段>

 今回は渡辺大夢(ひろむ)四段(28)を紹介しよう。東京都出身。幼少時に祖父から将棋を教わり、将棋連盟の子ども教室に通うなどして強くなる。13歳のときに縁あって石田和雄九段の門下となり奨励会入り。順調に昇級を重ね、18歳で三段に上がる。

 だが三段リーグでは苦戦する。3期目にチャンスがあったが4位に。7期目では13勝5敗だったが、惜しくも次点に。三段生活も5年を超え、同門の後輩・佐々木勇気五段にも抜かれた。だが渡辺は悲観することなく、先輩棋士や奨励会員との研究会を重ね、地道に力を蓄えた。そして2012年前期の三段リーグ、渡辺は13勝5敗で2回目の次点を取り、四段昇段となった。

 ただしフリークラスでの昇段なので、10年以内にC級2組(C2)に昇級しないと引退となる。渡辺は次第…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです