メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 後ろ姿がすてきな人を時々見かける。大抵すっきりとした人が多い。今回も駅に向かう道で1人。シンプルで歩き方が美しい。ブルーのシャツジャケットに青みが入ったグレーのスカート、肩に抱えたバッグが同じブルー系。溶け込んで美しいのだ。

 後ろ姿、そこまで思い至らないけれど、人は何気なく見ているものだ。そう思うと背筋も伸びる。

 友人のガラス作家が青山で展示会をしている。若いおしゃれないつもの友人たちと現地で待ち合わせて、それぞれお気に入りを購入する。Tさんは不思議、後ろ姿の美しい女性と同じ色彩の服装だ。上下が逆なだけ。Eさんはアーツ&サイエンスの短めのテントライン風ブラウス。その色がバイオレット系、下になす紺のブラウスを重ねている。パンツの色がこれ以上の組み合わせはないというくらいぴったりでうーんとうなる。ありきたりの…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです