メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『不平等との闘い ルソーからピケティまで』=稲葉振一郎・著

 (文春新書・864円)

 経済学の分厚い専門書ながら、日本でも異例のヒットとなったトマ・ピケティの『21世紀の資本』。解説書も続々と出たが、本書は、それらと一線を画して、ピケティの主張を経済学の歴史にどう位置付けるかを論じた。「不平等」を切り口にした経済学史の入門書としても、よくできている。

 経済学の本なのに、副題に自由主義思想家、ルソーの名前がある。ルソーは、私的所有に基づく市場…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです