メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪競泳

男子400個人メド 萩野は金、瀬戸が銅を獲得

男子400メートル個人メドレー決勝を制し拳を突き上げ喜ぶ萩野公介=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日午後10時9分、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ芳賀竜也、藤野智成】リオデジャネイロ五輪は第2日の6日、当地で競泳男子400メートル個人メドレーの決勝を行い、前回2012年ロンドン五輪3位の萩野公介(21)=東洋大=が4分6秒05の日本新記録で金、五輪初出場の瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=が銅メダルをそれぞれ獲得した。萩野は今大会日本選手団の金メダル第1号になった。

 この種目の予選は、瀬戸が2位、萩野は3位で通過し、決勝に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです