特集

萩野公介(競泳)|東京オリンピック

2016年リオデジャネイロ五輪金メダル。悩める「水の王者」は長期休養を経て、復調の兆しをつかみつつある

特集一覧

五輪競泳

男子400個人メド 萩野は金、瀬戸が銅を獲得

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子400メートル個人メドレー決勝を制し拳を突き上げ喜ぶ萩野公介=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日午後10時9分、梅村直承撮影
男子400メートル個人メドレー決勝を制し拳を突き上げ喜ぶ萩野公介=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日午後10時9分、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ芳賀竜也、藤野智成】リオデジャネイロ五輪は第2日の6日、当地で競泳男子400メートル個人メドレーの決勝を行い、前回2012年ロンドン五輪3位の萩野公介(21)=東洋大=が4分6秒05の日本新記録で金、五輪初出場の瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=が銅メダルをそれぞれ獲得した。萩野は今大会日本選手団の金メダル第1号になった。

 この種目の予選は、瀬戸が2位、萩野は3位で通過し、決勝に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文528文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集