夏の高校野球

鳴門主砲が大会1号 開幕戦で佐久長聖降す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【佐久長聖−鳴門】一回裏鳴門2死三塁、手束が左越えに2点本塁打を放つ(捕手・宮石)=阪神甲子園球場で2016年8月7日、須賀川理撮影
【佐久長聖−鳴門】一回裏鳴門2死三塁、手束が左越えに2点本塁打を放つ(捕手・宮石)=阪神甲子園球場で2016年8月7日、須賀川理撮影

 第98回全国高校野球選手権大会は7日、1回戦3試合。開幕直後の第1試合は佐久長聖(長野)と鳴門(徳島)が対戦。初回に先制した鳴門が粘る佐久長聖を振り切って初戦を突破した。5年連続出場の鳴門は3年ぶりに初戦を突破した。

 〇鳴門(徳島)3−2佐久長聖(長野)●(7日・甲子園、1回戦)

 鳴門が序盤のリードを守り切った。一回2死三塁、4番・手束が左翼へ2点本塁打を放って先制。二回には鎌田の中前適時打で3点目を挙げた。左腕エース・河野は五、七回のピンチを最少失点で切り抜け完投。佐久長聖は二回途中から救援し…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

あわせて読みたい