メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪体操

内村航平、鉄棒決勝逃す 種目別

体操男子予選で鉄棒から落下する内村航平=ブラジル・リオデジャネイロのリオ五輪アリーナで2016年8月6日、小川昌宏撮影

 体操は団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選が行われ、鉄棒でエース内村航平(コナミスポーツ)が落下、種目別の決勝進出を逃した。

 団体予選は各種目4人が演技、上位3人の得点合計で争う。

 2004年アテネ五輪以来の団体総合制覇に向けた戦いが始まった。あん馬からスタートした日本。主将の内村が「成功すれば波に乗れる」と鍵になる種目に挙げていたのが、最初の種目であるあん馬だった。

 昨年までは世界選手権の種目別メダリストを擁していた種目だが今は違う。6種目の中で唯一、ずば抜けた選手がいない。公式練習でも山室が落下。加えて今回の五輪で使われるドイツ製の器具は日本製と違い、把手の部分の角がやや丸く力の掛け具合が難しい。日本は取り寄せて練習を重ねてきたが、公式練習後に「滑りやすい」と難しさを口にするなどやや不安を残しての演技だった。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです