メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新型電子たばこ 煙なき火種

JTが「臭いはほとんどない」と説明するプルームテック。吐き出しているのは煙に見えるが、白い蒸気だ=東京都港区のJT本社で、井田純撮影

 火も使わず煙も出ない、専用器具でニコチン入りの蒸気を吸う「新型電子たばこ」が、分煙ルールに論争を巻き起こしている。飲食店などで「禁煙エリアでも新型たばこはOK」「新型たばこ専用区域」が生まれ、自治体の対応も分かれる。新型たばこに分煙は不要なのだろうか? 煙なき火種を追った。【井田純】

蒸気「物足りなさ感じない」

 話題になっているのはフィリップモリスジャパン(PMJ)が販売する「iQOS(アイコス)」(本体税込み9980円)と、日本たばこ産業(JT)の「Ploom TECH(プルームテック)」(同4000円)の2種。

 アイコスは、タバコの葉を電気で加熱して蒸気を吸う仕組みで、主要都市での限定販売を経て4月から全国販売に拡大。専用器具の販売数は100万台を超えた。スイス、イタリアなど欧州7カ国14都市で販売中だが、全国で販売されたのは日本が初めて。PMJ広報は「将来的には紙巻きたばこ利用者が100%切り替えてくれるようにと考えています」と普及に積極的だ。

この記事は有料記事です。

残り2350文字(全文2781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです