メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

学生服リユース サンクラッド社長・馬場加奈子さん 親子助け「お下がり」安く

笑顔で接客する馬場加奈子さん(中央)。初めての客でも井戸端会議が始まる=高松市内で、反橋希美撮影

 「お母さん、制服の色は黒じゃなくて紺で大丈夫? サイズ150って大きいねえ」「そう、大きい子で」。7月上旬の昼過ぎ、高松市内の学生服リユースショップ「さくらや」高松店は、親子連れと接客する女性スタッフの明るい声でにぎわっていた。

 店内に所狭しと並べられた制服や体操服、リボンやカバンなどは全て中古。きれいに洗濯、修繕され、定価の65〜95%引きの値札が付けられている。単身で小学6年の息子を育てる女性(36)は「この2年で買ったのは5着以上。『汚すな』『破るな』と、口やかましく言わずに済んでます」とほほ笑んだ。

 店を5年前に開いたのは、「さくらや」を運営するサンクラッド(高松市)の馬場加奈子社長。知的障害があ…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです