メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

SPEEDI活用、判断二分 原発事故時に混乱も 30キロ圏内自治体アンケート

 原発事故時に放射性物質の拡散を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI、スピーディ)について、原発から半径30キロ圏内にある自治体に今後活用したいか聞いたところ、19自治体が活用を希望する一方、24自治体が希望せず、判断が分かれていることが毎日新聞のアンケートで分かった。同じ原発の周辺でも自治体によって判断が異なっており、実際の住民避難で混乱が起きる可能性が浮かび上がった。【酒造唯、渡辺諒、畠山哲郎】

 アンケートは、避難計画の策定が必要な30キロ圏の21道府県と135市町村(計156自治体)を対象に、4〜6月に実施し、全自治体が回答した。

この記事は有料記事です。

残り2390文字(全文2676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです