メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

LGBT 理解し合う職場を

研修で参加者の質問に答える外山さん=東京都目黒区で

 13人に1人といわれる性的少数者(LGBTなど)が働きやすい職場づくりに向け、企業が動き出している。任意団体による企業の取り組みを評価する指標も完成した。従来は外資系企業が先行していたが、国内企業でも関心が高まっている。

 ●当事者講師に研修

 「パートナーのいない女性に『彼氏いる?』と聞くことをどう思いますか?」

 先月27日、産業機器販売の「サトーホールディングス」で、管理部門で働く約30人を対象に研修が行われた。講師は、LGBT関連の企業研修などを手がけるレティビーの外山雄太さん。LGBTへの配慮を欠いた企業に対する各国で起きた不買運動や炎上事件、LGBTをめぐる国内の動きや課題を説明した後、参加者たちにこう問いかけた。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです