メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

乳児も習う、水泳人気根強く

長崎宏子さん(右)のスクールには多くの赤ちゃんが参加していた=千葉県浦安市舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで

 子ども向けの習い事の中で、トップクラスの人気を誇るのが「水泳」だ。体力向上や、小学校から始まるプールの授業に備えて「泳ぎを身につけさせたい」という保護者らの願望が人気を支えている。スイミングスクールの定員に空きがでる日を1年以上待つ子どもたちもいる。水泳人気を追った。

 ●激戦区は1年待ち

 東京都大田区にある「コナミスポーツクラブ大森町」のプールでは、子どもたちが歓声をあげながらスイミングを楽しんでいた。スポーツクラブを全国展開しているコナミスポーツクラブ(本社・東京都品川区)によると、東京▽千葉▽神奈川▽埼玉などで、スイミングスクールへの入会を待つ子どもたちがいるという。広報担当者は「年中(4〜5歳ごろ)から始めようとする子が多く、激戦区では1年以上入会できない場合も」と人気ぶりを明かす。

 「『ケイコとマナブ』2015年子どもの習い事ランキング」(昨年8月実施)によると、1位は水泳(43・7%)、2位は英語・英会話(27・4%)だった。水泳を習わせた理由を尋ねると、「健康のため」(59・3%)▽「本人が希望したため」(36・6%)▽「学校の授業についていくため、備えるため」(22・9%)と続いた(複数選択)。水泳を習う子どもは半数近くにのぼり、人気の高さがデータからもうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 新型コロナ 食材や文具、市民に配布 県社協、子育て家庭支援 五所川原 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです